薄毛 皮脂

薄毛の悩みを、解決したいのなら、
自分の頭皮の皮脂量について知ることも重要です。

本格的に皮脂の量を測るに専用の検査機が必要となりますが、
簡単なチェック項目でも、大まかな判定ができます。

いくつか紹介すると、
まずにきび等の吹き出物ができやすいとか、ワイシャツなどの襟が黄ばみやすい人は要注意です。
洗髪を毎日しないと髪がべたつく、顔が脂ぎりやすい、枕カバーが黄ばみやすい人も注意が必要です。

髪の悩みは、皮脂量が多いタイプの人が過剰な皮脂をそのまま放っておくと深刻化してしまうものです。
紫外線は皮脂を酸化させて頭皮に炎症を引き起こし、髪が抜ける原因となります。
細菌や微生物が繁殖しやすくなることも抜け毛の原因です。老化した皮脂は頭皮から剥がれ落ち、フケがどっと増えてしまいます。

薄毛の悩みを解決するには、頭の皮脂を毎日の洗髪で洗い流さなければなりません。
注意が必要なのは、皮脂は髪に必要な栄養を与える役目ということです。
皮脂の保湿機能と防御機能は、天然のトリートメントとも言われてくらいです。
なので皮脂を、過剰に取り除いてしまうと、逆効果になってしまいます。

薄毛に悩むあまりに強い界面活性剤や育毛剤を使い続け、皮脂量が極端に減少すると頭皮の防御力が落ちます。
間違ったケアを続けていると、次第に頭皮自体が衰えていってしまうので、
適切なヘアケアを心掛けることなのが、ポイントになります。

もちろん皮脂を放置しておくことも、頭皮にとってよくありません。
程よい洗浄力を持った、薄毛専用のシャンプーを活用するのが良いでしょう。

★おすすめ薄毛対策シャンプー「極匠」、詳しくはこちら

トップページに戻る