薄毛 予防 髪型

薄毛を予防したいなら、髪型や日頃の生活にも注意を。

 

場合によっては、髪型が薄毛の原因になるといいます。
いつも同じ所でしか分け目をつけていなかったり、長い髪を毎日きつくしばっていたりする場合があります。
薄毛になりやすくなるのは、頭皮の同じ場所に一定の負担がかかり続ける事が原因です。

 

そのほかスタイリング剤等で油分の多いものを使いすぎると、
髪の成長を毛穴が詰まって阻害する為なりやすくなり、これも薄毛の原因に成り得ます。

 

髪型は気分や日によって、薄毛予防の為にのなるべく変化させるのがおすすめです。
スタイリング剤も品質や量に配慮して、頭皮への負担を減らしてあげましょう。
これらが予防につながります。

 

またカラーリング、ブリーチ、パーマを頻繁にすることは、ダメージを頭皮や頭髪に与えて、薄毛の要因になるようです。
ヘアダイやドライヤーの使い過ぎも薄毛の原因になります。
適度な間隔をカラーリング、ブリーチ、パーマの時はあけるのが薄毛予防になりますし、
染料が頭皮につかないように注意することも必要です。

 

薄毛予防の為にブラッシングも欠かせません。
ブラッシングは髪だけでなく地肌迄ブラシの先がよく通る毛足の長めの粗いブラシを使いましょう。

 

薄毛予防には毎日のちょっとした心がけが大切です。
頭皮が健康な状態を維持できるように、髪をいたわった薄毛の予防生活を始めてみませんか。
食生活や生活習慣をほんのちょっと改善するだけでも心も体も健康になるので、薄毛予防だけで無くいろいろと良いことがあります。

 

トップページに戻る